読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RubyWorldConferenceに出展してまいりました!

こんにちは!新卒エンジニアのMKentaです!

先日SpeeeがRubyスポンサーとして協賛させていただいたRubyWorldConference2016に行ってまいりました! 去年の記事はこちら

ブースの内容については、去年と同様にお菓子神社を運営してまいりました!

社内のお菓子神社事例については去年の記事をご覧ください!

今年のお菓子神社

今年のお菓子神社は去年と同様にMacを設置し、

omikuji = %w( 大吉 吉 凶 )
p omikuji.sample

という最もシンプルな実装を運営側で用意し、実行してもらう形で運営をしておりました。
エンジニアではない方にはこちらの全ての確立が均一な状態でおみくじを引いていただき、
エンジニアの方には独自のおみくじ実装を書いて、実行することでお菓子を手に入れてもらいました。

今回の景品は

  • 大吉: 金の延べ棒(チョコレート)
  • 吉: うまい棒
  • 凶: パインアメ

となっておりました! 金の延べ棒の迫力がすごいです...!

一日目

初日は祝日だったこともあり、たくさんの方にご来場いただき、
ブースはとても賑わっておりました!

実装例

実装をしてくださった方の中にはQiitaに記事を上げてくれた方まで!
とても嬉しかったです、ありがとうございました!

kuji = %w(大吉 中吉 吉 末吉 凶 大凶)
num = rand(30)
0.upto(num) do |i|
  print "\r#{kuji.shuffle[i % kuji.size]}"
  sleep 0.1
end

qiita.com

こちらが弊社エンジニア陣驚きの実装

omikuji = %w(大吉 吉 凶)
p omikuji[rand.to_s.length % 3]

引数なしのrand関数は0.0 以上 1.0 未満の実数を返すのですが、
この桁数には偏りがあり、それを利用することにより約6割の確立で
大吉がでるというものでした。

ただ大吉を高確率で出す、という実装ではなくいかに面白く実装するかに挑戦していただき、
本当にありがとうございました!

a=[0,0,0]; 10000.times { a[rand.to_s.length % 3] += 1 }; p a
=> [6184, 2836, 980]

二日目

二日目には、先輩エンジニアの@hatappiさんによるスポンサーセッションが行われました! 会社としての認知度は昨年より向上したのですが、具体的に何をやっている会社なのかの認知はまだまだだな、と感じました。

まとめ

RubyWorldConfereceにブースを出すのは企業としては二回目でしたが、出展メンバーはほぼ全員が初出展だったので、最初は勝手がわからず大変でしたが、なんとか無事終えることができました! 昨年と同じ内容のブースになってしまい、新しいことにチャレンジできなかったのは少し良くなかったかなと思っていますので、来年は何か新しいことをやる...かもしれません!

セッション自体もとてもおもしろく、RubyKaigiでの技術的な取り組みの話と言うよりは組織の運営や取り組み方に焦点を置いたスライドが多かったので、気になった方は是非配信アーカイブをご覧ください! 来年もよろしくお願いいたします!