読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RubyでLeapMotionのすすめ

SpeeeKaigi

こんにちは!コミュニケーションメディア事業部エンジニア、16新卒のMkentaです。趣味でiOS書いたり、Androidアプリ書いてたりしてますが、仕事ではもっぱらRailsやってます。

今回は以前SpeeeKaigiで発表しました、LeapMotionの話をしたいと思います。

technica-blog.jp

学生時代の頃にLeapMotionの存在だけは認識していたのですが、なかなか手が出ずにいたのですが、公式がセールをちょうどやっていたときに触ってみることが出来ました。(現在ではセールが終わっており通常の値段($79.99)に戻っているようです)

最近VRにおいて、HMD本体だけが注目されがちですが、直感的な操作方法っていうのはまだまだ課題かな、と感じています。(最近だとOmniHydraなどといった機器も注目されていますね) 今回は開発のしやすさ、他に比べれば、値段も安く、発売から4年立っていることによる他に比べれば開発が容易な点などからLeapMotionを少し触ってみました。

以下でソースを公開しております。

leapmouse.rb · GitHub

所感

LeapMotionたのしい!VRで、というよりはmagic trackpadからジェスチャーだけを取り出したような形の運用が一番実用的かなと思いました。 今回作ったマウスのような細かい動作にはあまり向いておらず、大雑把な作業をすることだけに注力すればかなり実用的かなと、チューニング次第では細かい作業も可能だと思います。 是非いろいろと試してみてください!