読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第4回Splathonを開催したぞ

f:id:mogmog2:20160627184009j:plain

はじめに

2016年6月18日、
夏至直前の、晴天に恵まれた日曜日の昼下がり、
六本木にあるSpeee(弊社)の4Fラウンジにて「第4回 Splathon」が行われました。

はじめまして、Splathon運営メンバーの かるてば です。
やっとA+まで上がってきましたが、そこからの道程が険しいです。
目指せ、ウデマエS。

そもそもSplathon って???

いま一度 Splathon の定義を振り返っておきます。

「スプラソン」(Splathon)とは、スプラトゥーン(splatoon)とマラソン(marathon)を組み合わせた 株式会社Speee発祥の造語で、複数の参加チームが、マラソンのように、 数時間から数日間の与えられた時間を徹してSplatoonに没頭し、戦果を競い合うゲームイベントのことをいいます。

こんな定義を弊社が創り出して以来、
だいたい3ヶ月に1回程度のペースでこのSplathonを開催してきました。
そして、今回分が第4回Splathonです!

え、第4回なの?

そうなんです。
早くも第4回になりました!

過去回(第1〜3回)が気になるという方は、下記の記事をご覧になってくださいー。

Splathon(企業対抗スプラトゥーン大会)を開催しました

第二回Splathonを開催したぞ(42日ぶり2回目の #splathon)

第3回 Splathon (#splathon) が開催されたじゃなイカ

それでは、第4回Splathonのイベントレポートです。

受付〜チーム紹介編

f:id:mogmog2:20160627184002j:plain

チーム一覧

開催式の後、今回の対抗戦のチーム紹介です。
今回は全16社の参加となりました。 なにやらヤバそうなチーム名がチラホラ。

企業対抗トーナメント編

以前のSplathonではスイスドロー形式で行われていましたが
今回からはトーナメント形式に変更になりました。

トーナメント形式なので1回負けるとそこで終わりです。
そのため各社1回戦から気合の入った戦いを展開していました。

そして、なんと、優勝候補でもあるGoogleさんとドワンゴさんが1回戦で姿を消すという波乱の幕開けとなりました。

弊社は1回戦1試合目でまさかの回線トラブルで、全員が戦闘不能に。

その結果、その試合ではボロ負けを喰らってしまいましたが、

後続の試合で挽回して、1回戦は突破。 f:id:mogmog2:20160627183939j:plain

その後、2回戦でKADOKAWAさんに負けてしまい、ベスト8となりました。(無念…)

観戦中

対戦中は出場プレーヤー以外の方たちは 会場内の各所に設けられたディスプレイを見て観戦していました。 f:id:mogmog2:20160627183928j:plain f:id:mogmog2:20160627183931j:plain

また、Splathon=Splatoon関連のお祭りということで、Splatoon関連の衣装を着て参加してくださった方もいました。 f:id:mogmog2:20160627183935j:plain

あるチームがリクルーティングしてきた小学生が
圧倒的なパフォーマンスを見せ
会場の大人たちを仰天させました。

ついには彼がプレイする後ろには人だかりが。 f:id:mogmog2:20160627183923j:plain

決勝

最初は16チームからスタートしたSplathonも トーナメント形式の戦いの中でどんどんとチーム数が絞られていきました。

そして、決勝の顔合わせは K/D2016(KADOKAWA) vs 道玄坂(CyberAgent)!

どちらが勝っても初優勝です!

そして、優勝は、、、 K/D2016(KADOKAWA)チーム! f:id:mogmog2:20160627183919j:plain

個々人のレベルの高さもさることながら、

事前練習のデータによるルールやステージの選択
試合直前の打ち合わせと役割分担決め
試合中の声かけでの情報交換、 等々 完成度が高い、素晴らしいチームでした。

優勝おめでとうございます!

表彰式編

優勝は、K/D2016(KADOKAWA) さんです。
なんと、みなさん新卒とのこと!若い!
前回に引き続き「Splatoonで勝つ秘訣は若さです」のトレンドは健在のようです
優勝商品として「イカのクッション」を贈呈しました。

f:id:mogmog2:20160627183903j:plain

そして、準優勝は、道玄坂(CyberAgent)さん。
キラキラして眩しいですね!
準優勝商品としては、「イカ」を贈呈しました。

f:id:mogmog2:20160627183906j:plain

フェス編

今回はちょうどSplatoon本体の方でも「きのこvsたけのこ」のフェスが開催されていたので、
そちらにあわせて「きのこvsたけのこ」の即興フェスを開催しました。
f:id:mogmog2:20160627184005j:plain

この即興フェスの結果は、「たけのこ派」の大勝利でした。 まぁ、当然の結果ですね。(笑) f:id:mogmog2:20160627183800j:plain

LT編

まだまだSplathonは続きます。
今回の新企画SplathonLT!
6つのLTが開催されました。

こちらがLT内容の一覧です。

お名前 タイトル
梅澤 偽ボトルの作り方
mitsuya0 スプラトゥーンの武器をCGで作ってみた
15さん 酒プラトゥーン勢のためのイカ情報
ぼーりー シューティングどうでしょう
越山 ハイカラおうだんウルトラクイズ
mzyy94 実践イカパケット解析

どのLTも
「努力の方向音痴」
「才能の無駄遣い」
「どうしてこうなった」
とコメントするしかないほど、素晴らしいLTでした。

f:id:mogmog2:20160627183805j:plain f:id:mogmog2:20160627183850j:plain

懇親会編

最後は懇親会。

今回はチキンとおにぎりとサンドイッチを囲んで盛り上がりました。

f:id:mogmog2:20160627183915j:plain

今回のSplathonの運営について

対戦形式の変更

以前までのSplathonでは企業対抗戦については
スイスドロー形式で行っていましたが、
今回はトーナメント形式にしました。  

純粋な企業対抗の勝負も大事にしたいのですが、
企業を超えた参加者同士の交流を重要視し、
全員にライトに楽しんでいただきたい、
と考え、そのためのコンテンツを後続に置くことにしました。

従って、対抗戦については
比較的短時間で優勝チームを決めることができるように
トーナメント形式で行うことにいたしました。

ギアについて

ギアについては第3回から変更なく、同様の構成としました。

回次 メインギア構成 サブギア
第1回 自由 自由
第2回 インク回復量UP, サブ効率UP, イカ速UP なるべく付いていないものをチョイス
第3回 インク回復量UP, スペシャル減少量DOWN, 逆境 なるべく付いていないものをチョイス
第4回 インク回復量UP, スペシャル減少量DOWN, 逆境 なるべく付いていないものをチョイス

今後について

現在、Splathon運営チームは 今回の第4回の振り返りを行っています。

第5回以降のSplathonで 更に良い体験をしてもらえるように頑張っていきたいと思います。 引き続き、よろしくお願いします。

twitterトレンド入り

なんと!
twitterトレンドの#10にSplathonがランクイン!

f:id:mogmog2:20160627184012p:plain